ベルギートラベルセンター   News ホームページ About 業務案内 Course コース Hotel ホテル Guide 観光ガイドその他手配 Chocolatier チョコレート販売  

見どころガイドベルギー

ホームページ > ガイド > 見どころガイド ベルギー Tweet

世界遺産

  • ブリュージュのベギン会院
    ブリュージュのベギン会院 © TVL
    フランドル地方のベギン会修道院
    • フランダース地方のベギン会院は、13世紀以降、終身誓願を立てない半聖半俗の特徴的な修道生活を営んだベギン会修道女たちの住居、教会、付属建造物、緑地からなる一種の囲い地です。敷地の構造や建築様式に中世のフランダース各地方の文化的特性がよく現れています。1998年に登録。
    • アントウェルペン州:ホーフストラーテン、リール、メッヘレン、トゥルンハウト / リンブルフ州:シント・トルイデン、トンヘレン / 東フランデレン州:デンデルモンデ、ゲント(ヘント)、シント・アマンスベルグ / フラームス・ブラバント州:ディースト、ルーヴェン / 西フランデレン州:ブリュージュ(ブルッヘ)、コルトレイク
  • 中央運河のボートリフト
    © OPT / J.-L.Flémal
    中央運河にかかる4機の水力式リフトとその周辺のラ・ルヴィエール及びル・ルー
    • 19世紀から20世紀初頭に各国で建造された8機の川船用水力式リフト(エレベーター)の内、建造当時の状態のまま現存し、かつ稼働中の4機がワロニー地方エノー州ラ・ルヴィエール付近の中央(サントル)運河にあります。1機あたり300トンクラスの船を約17メートル昇降でき、ベルギーを流れる2大河川であるエスコー川とムーズ川を連絡。リフトのほか、周辺の運河や付属建築物もよく保存されており、全体で19世紀の産業風景を構成しています。1998年に登録。
  • ブリュッセルのグランプラス
    © TVL
    ブリュッセルのグラン-プラス
    • ブリュッセルのグラン・プラスは長方形の広場とそれを取り囲む市庁舎やギルドハウス(同業者組合)といった公共・民間建築群からなっています。もともと15--17世紀に建造された建物がほとんどで、全体として非常に調和のとれたゴシック、バロックの様式の建築群を構成、当時の文化、政治、経済の様子をいきいきと今に伝えています。1998年に登録。
  • モンスの鐘楼
    モンス © OPT / J. Jeanmart
    ベルギーとフランスの鐘楼群
    • ベルギーとフランスの北部で11--17世紀に建造された56カ所の鐘楼。建築様式はロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロックと多様です。ベルギーとフランスの鐘楼は、君主権をあらわす城の主塔や教権のシンボルである教会の鐘塔と対照的に、都市の勢力と繁栄を象徴して中世の都市景観を構成する第三の要素となりました。内部にはカリヨンと呼ばれる組鐘が設置され、美しい鐘の音でメロディを奏でます。1999年にベルギーの鐘楼32カ所が登録。2005年に拡張。
    • 【フランダース地方】東フランデレン州:アールスト、デンデルモンデ、エークロー、ゲント(ヘント)、オウデナールデ / アントウェルペン州:アントワープ(アントウェルペン)、ヘレンタル、リール、メッヘレン / 西フランデレン州:ブリュージュ(ブルッヘ)、ディクスムイデ、イーペル、コルトレイク、ロー・レニンヘ、メーネン、ニウポールト、ローゼラーレ、ティールト、フュルヌ / フラームス・ブラバント州:ルーヴェン、ティーネン、ズートレーウ / リンブルフ州:シント・トルイデン、トンヘレン / 【ワロニー地方】エノー州:バンシュ、シャルルロワ、モンス、テュアン、トゥルネー / ナミュール州:ナミュール、ジャンブルー
  • ブリュージュの歴史地区
    © TVL
    ブリュージュ歴史地区
    • 縦横無尽に運河を巡らせた中世のブリュージュは13世紀以降、ハンザ同盟の一大貿易都市として栄えました。文化面でもヤン・ファン・アイクやハンス・メムリンクに代表されるような革新的な絵画であるフランドル・プリミティフ派を生む土壌を提供しました。しかし15世紀に入ってからは運河に砂がたまり、北海との連絡が途絶えて都市機能が停止します。そのため、中世ブリュージュの街並みは死蔵されたような具合となり、以後大きな変化を被ることなく、ヨーロッパ有数の経済・文化都市の姿、とりわけ煉瓦によるゴシック様式の建築群を今日に至るまで大変良好な状態で保つことになりました。2000年に登録。
  • タッセル邸
    タッセル邸 © OPT / Ricardo de la Riva
    建築家ヴィクトール・オルタによる主な邸宅群
    • アールヌーヴォーの建築家として知られるヴィクトル・オルタが設計した4軒の都市邸宅(タッセル邸、ソルヴェイ邸、ファン・エートフェルデ邸、オルタ自邸兼工房)。広がりのある空間設計、豊かな採光、装飾にも構造材にもなる曲線を多用した鉄筋など、そのスタイルは19世紀における最も革新的な建築例として高く評価されました。4邸はいずれもブリュッセル市内にありますが、見学できるのは「オルタの家」と呼ばれる自邸だけです。2000年に登録。
  • スピエンヌの火打石採掘場
    © OPT / J.-L.Flémal
    スピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地
    • スピエンヌはワロニー地方エノー州モンス市近郊にある新石器時代(紀元前4200--2500年)の火打石採掘地。19世紀に行われた鉄道建設工事の際に発見されました。ヨーロッパ最古であるばかりでなく、100ヘクタール以上の範囲に及ぶヨーロッパ最大規模の採掘場です。採掘のために用いられた技術の多様性の点でも高い評価を受けています。最近まで考古学研究者だけに公開されていましたが、現在は一般の方でも特定の日に見学できます。2000年に登録。
  • トゥルネーのノートル・ダム大聖堂
    © OPT / J. Jeanmart
    トゥルネーのノートル-ダム大聖堂
    • 見事な柱頭彫刻を備えたロマネスク様式の巨大な身廊、ゴシックの到来を告げる5つの尖塔を持つ交差廊、そしてまじり気のないゴシック様式で13世紀に再建された内陣など、12世紀から14世紀に至るロマネスクとゴシックの両様式の特徴をよくあらわした宗教建築。全長134メートル、全幅67メートル、高さ83メートル。2000年に登録。
  • プランタン-モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体
    • プランタン・モレトゥス印刷博物館は、ルネサンス期からバロック期に至る印刷業と出版業の様子を今に伝える施設です。かつてアントワープはパリやヴェネツィアと並ぶ印刷の一大拠点でした。博物館の名は16世紀後半のアントワープ印刷業界の重鎮クリストフ・プランタン(1520年頃--1589年)にちなみます。ここでは彼の時代から1867年までの約3世紀にわたって印刷業が営まれていました。アブラハム・オルテリウスの世界地図『世界の舞台』、ユストゥス・リプシウスやエラスムスといったユマニスト(人文主義者)たちの著作、アンドレアス・ヴェサリウスの解剖学の書籍といった数々の重要な作品はいずれもここで印刷されました。建物、印刷機器、図書室、内装、絵画のいずれもが貴重な史料となっています。2005年に登録。

世界遺産リスト登録名(緑色の部分)は(社)日本ユネスコ協会連盟の表記を参照しました。

アクセス

  • 飛行機
    • 成田・中部・関西空港 → ブリュッセル国際空港
      • ヨーロッパの都市経由で13--17時間(直行便はありません)
    • ヨーロッパ主要都市 → ブリュッセル国際空港
      • 1--2時間
  • 鉄道
    • パリ北駅 → ブリュッセル南駅
      • タリスで約1時間半
    • アムステルダム・スキポール空港駅 → ブリュッセル南駅
      • ベルギー国鉄IC(インターシティ)またはタリスでいずれも約2時間半
    • ロンドン・セント・パンクラス駅 → ブリュッセル南駅
      • ユーロスターで約2時間20分
    • ケルン中央駅 → ブリュッセル南駅
      • ICE(インターシティエキスプレス)またはタリスでいずれも約2時間20分

以下の手配が可能です。

  • 各種コース商品
  • ベルギー国内の鉄道券
  • ホテル、ガイド、専用車

どうぞご用命下さい。

検索

基本データ

国名: ベルギー
Belgique(仏)
België(蘭)
人口: 1,045万人
人口密度: 339人/km²(日本とほぼ同じ)
言語: フランス語
オランダ語
ドイツ語
面積: 30,528 km²(日本の1/12)
元首: アルベール二世国王
国歌: ラ・ブラバンソンヌ(ブラバントの歌)
首都: ブリュッセル
時差:

冬時間:日本より8時間マイナス

夏時間:日本より7時間マイナス

通貨:

ユーロ

円相場

国際電話番号: +32
電圧: 220 V 50 Hz(コンセント[ACプラグ]の形状はC型)
地図: 地図

祝祭日

1/1 元旦
復活祭 移動祭日2008/3/23
復活祭翌日の月曜 2008/3/24
5/1 労働記念日
キリスト昇天祭 復活祭後6度目の木曜2008/5/1
聖霊降臨祭 復活祭後7度目の日曜2008/5/11
聖霊降臨祭翌日の月曜 2008/5/12
7/21 国祭日
8/15 聖母被昇天祭
11/1 万聖節
11/11 第一次大戦休戦記念日
11/15 国王祭日(官公庁休日)
12/25 クリスマス

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談はお気軽に!

メール

info@beltra-center.net

電話

03-3230-1558

Fax

03-3230-1536

ベルギートラベルセンター

ベルギートラベルセンター

ベルギートラベルセンター

tel: 03-3230-1558

fax: 03-3230-1536

URL:

beltracenterをフォローしましょう

twitter.com/beltracenter

e-mail: info@beltra-center.net

102-0083

東京都千代田区麹町2-7-3半蔵門ウッドフィールド5F

地図

営業時間

月〜金10:00〜19:00(イベント開催日は18:00まで)

土13:00〜19:00(イベント開催日は不在となる場合があります)

定休日

日曜(但し、社員が出社している場合は対応します)

手配旅行約款

特定商取法に基づく表示

ベルギートラベルセンター
トップページ 業務案内 コース ホテル ガイド チョコレート リンク メール
Copyright © 2016 ベルギートラベルセンター Belgian Travel Center www.beltra-center.net All rights reserved.