ベルギートラベルセンター   News ホームページ About 業務案内 Course コース Hotel ホテル Guide 観光ガイドその他手配 Chocolatier チョコレート販売  

スパ・フランコルシャンサーキットF1ベルギーGPチケット予約販売のご案内

ホームページ > ガイド > F1ベルギーグランプリ(GP)スパ・フランコルシャンサーキットチケット予約販売 Tweet
ベルギーGP
ベルギーGP

アルデンヌの緑に包まれた、世界でもっとも美しいサーキット、ベルギーのスパ・フランコルシャン。ドライバーにとっては、気まぐれなスパ・ウェザーや世界でもっとも度胸の試される急坂オー・ルージュがあるハイレベルなコースと言われています。

このスパ・フランコルシャンで、2016年は8月26日(金)、27日(土)、28日(日)にF1ベルギーGPが開催されます。

F1ベルギーグランプリのチケット手配、ご宿泊、専用車などの手配は10年の経験と実績のあるベルギートラベルセンターへご依頼下さい!

チケット
フェルナンド・アロンソ

チケット

チケット代にはチケットの実費+郵送料実費25 EUR(お申込ごと)+当社予約手配料8,640円(チケット1枚ごと)が必要です。

キャンセルはできません。

ゴールドとシルバークラスのチケットはシートナンバー付きです(指定席)。

プログラム    
8月26日(金) 10:00〜11:30 テスト走行1
8月26日(金) 14:00〜15:30 テスト走行2
8月27日(土) 11:00〜12:00 テスト走行3
8月27日(土) 14:00〜15:00 予選
8月28日(日) 14:00〜16:00 レース

 

観覧席
スパ・フランコルシャン

下のタブをクリックすると料金が表示されます。

  • このタブをクリックして下さい、ゴールド/シルバー屋根付
  • このタブをクリックして下さい、ゴールド屋根無
  • このタブをクリックして下さい、シルバー/ブロンズ屋根無
ゴールド1 ピット(金〜日) 売切
ゴールド1 ピット(日) 売切
ゴールド1 ピット(金〜日6〜15才) 売切
ゴールド1 ピット(日6〜15才) 売切
ゴールド2 GP2(金〜日) 売切
ゴールド2 GP2(日) 売切
ゴールド2 GP2(金〜日6〜15才) 売切
ゴールド2 GP2(日6〜15才) 売切
ゴールド3 オー・ルージュ(金〜日) 売切
ゴールド3 オー・ルージュ(日) 売切
ゴールド3 オー・ルージュ(金〜日6〜15才) 売切
ゴールド3 オー・ルージュ(日6〜15才) 売切
ゴールド6 シケイン(金〜日) 売切
ゴールド6 シケイン(日) 売切
ゴールド6 シケイン(金〜日6〜15才) 売切
ゴールド6 シケイン(日6〜15才) 売切
ゴールド7 ラ・スルス(金〜日) 売切
ゴールド7 ラ・スルス(日) 売切
ゴールド7 ラ・スルス(金〜日6〜15才) 売切
ゴールド7 ラ・スルス(日6〜15才) 売切
ゴールド8 ラ・スルス スタート(金〜日) 売切
ゴールド8 ラ・スルス スタート(日) 売切
ゴールド8 ラ・スルス スタート(金〜日6〜15才) 売切
ゴールド8 ラ・スルス スタート(日6〜15才) 売切
ゴールド9 ポール・ポジション(金〜日) 売切
ゴールド9 ポール・ポジション(日) 売切
ゴールド9 ポール・ポジション(金〜日6〜15才) 売切
ゴールド9 ポール・ポジション(日6〜15才) 売切
シルバー4 ブリュッセル(金〜日) 売切
シルバー4 ブリュッセル(日) 売切
シルバー4 ブリュッセル(金〜日6〜15才) 売切
シルバー4 ブリュッセル(日6〜15才) 売切
ゴールド4 オー・ルージュ(金〜日) 売切
ゴールド4 オー・ルージュ(日) 売切
ゴールド4 オー・ルージュ(金〜日6〜15才) 売切
ゴールド4 オー・ルージュ(日6〜15才) 売切
シルバー1 フランコルシャン(金〜日) 売切
シルバー1 フランコルシャン(日) 売切
シルバー1 フランコルシャン(金〜日6〜15才) 売切
シルバー1 フランコルシャン(日6〜15才) 売切
シルバー2 スパ(金〜日) 売切
シルバー2 スパ(日) 売切
シルバー2 スパ(金〜日6〜15才) 売切
シルバー2 スパ(日6〜15才) 売切
ブロンズ ブロンズ・ゾーン(金〜日) 145€
ブロンズ ブロンズ・ゾーン(日) 125€
ブロンズ ブロンズ・ゾーン(金〜日6〜15才) 25€
ブロンズ ブロンズ・ゾーン(日6〜15才) 20€

2016/8/3現在の情報に基づきます。

観覧席のご紹介

  • このタブをクリックして下さい、G1
  • このタブをクリックして下さい、G2 S1〜2
  • このタブをクリックして下さい、G3〜4
  • このタブをクリックして下さい、G6
  • このタブをクリックして下さい、G7〜9
  • このタブをクリックして下さい、S3〜5 B S
ゴールド1ゴールド1
© spa gp

ゴールド1 ピット

シケインから第1ヘアピンカーブ、ラ・スルスにかけての直線部ピットレーンに向き合う屋根付き観覧席です。

スタート、フィニッシュのほか、ピットにおける各チームの作業、表彰セレモニーなどが眺められる、もっとも華やかなセクションです。

サーキット入口、駐車場、売店等からも近く便利。

ジャイアントスクリーン有り。

ゴールド2ゴールド2
© spa gp

ゴールド2 GP2
シルバー1・2 フランコルシャン、スパ

第1ヘアピンカーブ、ラ・スルスから急坂オー・ルージュが見渡せる屋根付きまたは屋根なし観覧席です。

サーキット入口からもっとも近い位置にあり、ラ・スルスからオー・ルージュ方面に向かって、S1フランコルシャン、G2 GP2、S2 スパの順に並んでいます。駐車場、売店等からも近く便利。

24時間耐久レースのときにはスタート地点前の観覧席として利用されています。

ジャイアントスクリーン有り。

ゴールド3.4,5ゴールド3 オー・ルージュ
©spa gp

ゴールド3・4・10オー・ルージュ

難関の急坂オー・ルージュを望む屋根付きまたは屋根なし観覧席。

世界のF1サーキットの中でもっとも人気のある、約300 km/hのスピーディなエリアのひとつです。

ジャイアントスクリーン有り。

ゴールド6ゴールド6シケイン
©spa gp

ゴールド6 シケイン

ブランシモンの終端、シケインの最初の急カーブ前にある屋根付き観覧席。

ヨーロッパ最速のセクションであるブランシモンからシケインで一気に120 km/h 減速するコントラストのある眺めが特徴。オーバーテイクポイントのひとつでもあります。

ジャイアントスクリーン有り。

ゴールド7,8,9ゴールド7,8,9
©spa gp

ゴールド7・8 ラ・スルス

ピットとGP2を連絡するヘアピンカーブ、ラ・スルス前にある屋根付きまたは屋根なし観覧席。

コース中でもっともオーバーテイクの観戦に適しています。

ジャイアントスクリーン有り。

ゴールド9ゴールド9ポール・ポジション
© spa gp

ゴールド9 ポール・ポジション

屋根付き観覧席。

ゴールド1ピット席に並ぶ魅力的なエリアです。

ピットから第1ヘアピンカーブのラ・スルスにかけての位置にあります。

ジャイアントスクリーン有り。

シルバー4シルバー4 ブリュッセル

レ・コンブとプーオンの間にある180度ターン、ブリュッセルにある屋根なし観覧席。このカーブはリヴァージュとも呼ばれています。

シルバー5シルバー5 スタヴロ

プーオンとブランシモンの間にある屋根なし観覧席。

約200 mの直線の両端に90度のカーブが有ります。

※2015年の利用はありません。

ブロンズブロンズ
© spa gp

ブロンズ

観覧席のないエリアのほとんどをカバー。ピストにもっとも近づけるカテゴリでもあります。

オー・ルージュからマルメディにかけての加速直線コースケメルストレート、ブリュッセルとスタヴロの間に設けられたいくつものカーブと直線、ヨーロッパ最速の超高速セクションであるブランシモンなど、見どころ豊富。F1ヴィレッジへのアクセスも確保されています。

ジャイアントスクリーンはケメルストレートのほぼ中央、プーオン、ブリュッセルに有ります。それ以外の場所では見えないこともございますのでご注意下さい。

 

専用車

専用車ベルギートラベルセンターでは、予選のある8月26日(金)、27日(土)そしてレース当日の28日(日)、ブリュッセルとスパ・フランコルシャン・サーキット間を往復する専用車を運行します。

コースを熟知した日本人ガイドも同乗しますので、どうぞご利用下さい。

スケジュール

行き:

07:00ブリュッセルの当社指定ホテル発

09:00頃スパ・フランコルシャンサーキット着

帰り:

レース終了後(17:00頃)スパ・フランコルシャンサーキット発

約2時間後ブリュッセル着

料金:

おひとり様1往復:1日24,000円、2日40,000円、3日60,000円

注意:

片道だけのご利用はできません。

前日・同日宿泊プラン

前日・同日宿泊プラン

レースの前日・同日など(金・土・日)にブリュッセル市内のご宿泊をご希望の場合、下記料金にて承ります。

いずれもル・メリディアンから徒歩10分以内、グランプラスからも同距離の便利なホテルです。

以下に未掲載のホテルもご希望により手配可能です。

おひとり様一泊朝食付き10,000円のホテルもご用意できます。その場合も出発集合場所のメリディアンホテルや世界遺産のグランプラスから徒歩5〜15分ほどです。お気軽にご相談下さい。

バスはブリュッセル駅前のホテル「ル・メリディアン」から出発します。

イビス・ブラッセルズ・オフ・グランプラス

イビス・ブラッセルズ・オフ・グランプラス★★★

ブリュッセル中央駅からもグランプラスからも徒歩3分の便利な立地。全室禁煙、空調付きのモダンな部屋。Wifi無料。全184室。ロビーにバー有。

おひとり様

10,000円(ツインベース)18,000円(シングル)いずれも朝食付。

ノボテル・ブラッセルズ・オフ・グランプラス

ノボテル・ブラッセルズ・オフ・グランプラス★★★★

ブリュッセル中央駅からもグランプラスからも徒歩3分の便利な立地。Wifi無料。全138室。ロビーにバー有。

おひとり様

13,000円(ツインベース)20,000円(シングル)いずれも朝食付。

ベストウエスタン・ブラッセルズ・プルミエ・カルフール・ド・ルーロップ

ベストウエスタン・プルミエ・カルフール・ド・ルーロップ★★★★

ブリュッセル中央駅からもグランプラスからも徒歩3分の便利な立地。全65室。ロビーにバー有。

おひとり様

13,000円(ツインベース)20,000円(シングル)いずれも朝食付。

ル・メリディアン・ブリュッセル

ル・メリディアン・ブリュッセル★★★★★

ブリュッセル中央駅の正面。全室禁煙、モダンな部屋。Wifi有(30分まで無料。15€/日)。全224室。ロビーにバー有。

おひとり様

15,000円(ツインベース)28,000円(シングル)いずれも朝食付。

ラディソン・ブル・ロワイヤル・ブリュッセル

ラディソン・ブル・ロワイヤル・ブリュッセル★★★★★

ブリュッセル中央駅からもグランプラスからも徒歩5分の便利な立地。全室禁煙、空調付きのモダンな部屋。Wifi無料。全281室。バー、レストラン3店(そのうち1店はミシュラン2星レストラン「シーグリル」)、フィットネスセンター有。

おひとり様

15,000円(ツインベース)28,000円(シングル)いずれも朝食付。

レーサー達のコメント
プーオン

ジェンソン・バトン
© Jez Elliott
ジェンソン・バトン

スパはとても気に入ってる。レーサーが望むすべてがあるんだ。丘やスピーディーなカーブや長い直線コースを配した世界最速、最難関のサーキット。運転していて楽しみは尽きないよ。美しい森のコースだが、天候がどうにも読めない。レースの結果はスパウェザーに左右されるところが大きい。それも楽しみの一つだ。オールージュは、最近はマシンの性能が上がって路面がドライなら攻略できるようになったが、それでもやはり伝説のカーブであることに変わりはない。

ESPN 2009年8月

ルイス・ハミルトン
© Thom May
ルイス・ハミルトン

幼かった頃、スパの実況中継はモナコやシルバーストーンやモンツァと同じようにテレビにかじりついて見たものさ。ここはマシンの性能を極限にまでもって行ける最高のコースだ。オールージュ、プーオン、ブランシモンをかっ飛ばす感覚は、とっくに限界に達した身体をさらに速くプッシュする感じ、異常そのものだね。F1カレンダーにスパは絶対欠かせない。

ESPN 2009年8月

フェルナンド・アロンソ
© Thom May
フェルナルド・アロンソ

「レディヨンへの下りアプローチはいきなり上り坂(オー・ルージュ)に切り替わる。コックピットからはカーブの終わりが見えず、坂のトップに来たときにはマシンの進む方向がつかめなくなる」

ウーロスポールTV 2004年8月

ミヒャエル・シューマッハー
© shumachergirl1956
ミヒャエル・シューマッハー

「スパは新しいタイプのサーキットと古いタイプのサーキットの特徴が両方備わっていて、最近作られたどのコースにも似ていない。マシンの性能が上がって少し走りやすくなったが、それでもかなり手ごわいコースだ。完璧にデザインされたこのトラックを走ると、とくにいくつかのコーナーでは、背筋が寒くなる。歴代のレーサーたちがみなオー・ルージュに熱くなったのは単なる偶然じゃない」

ウーロスポールTV 2004年8月

ミヒャエル・シューマッハー
© nic_r
ミヒャエル・シューマッハー

「オー・ルージュのとんでもない急坂を走り抜ける感覚はとても言葉にできない。ここは最高のサーキットだ。レースでは極めて綿密な戦略を立てることが必要になる」

ユマニテ紙 2001年9月1日

ヤルノ・トゥルーリ
© Thom May
ヤルノ・トゥルーリ

「スパは息を止めて7キロ突っ走るつもりでかからないといけない」

ユマニテ紙 2001年9月1日

ジャック・ヴィルヌーヴ

「この『山』にぶつかってゆくときは度胸がいる。アクセルベタ踏みで走り続けるのはまさにサバイバル本能との戦いだ。カーブのたびにさらなる限界に挑戦する。危なくなければつまらない。地面から1メートルのところに張った1本の紐の上を歩くようなもの。誰にでも出来るというわけではない」

ユマニテ紙 2001年9月1日

スパ・フランコルシャンサーキット場

スパ・フランコルシャンサーキット

スパ・フランコルシャンサーキットは、ベルギー・リエージュ州のスパ市郊外フランコルシャンにあるサーキット場。

スパ・フランコルシャン
© OPT / Kouprianoff
F1ベルギーグランプリ(GP)に限らず、スパ24時間耐久レースなど、あらゆるジャンルのモータースポーツに利用されており、世界のファンが愛する大人気のコースです。

スパ・フランコルシャンサーキット場

沿革

1921年、ラ・ムーズ紙の社主ジュール・ド・ティエとベルギー王立自動車クラブの会長アンリ・ラングロワ・ヴァン・オペンの提唱で、フランコルシャン、スタヴロ、マルメディを結ぶ14キロ以上もあるハイスピードのコースとして完成。オートバイのレースが同年に行われ、翌年にはカーレースもスタートしました。

1924年には第1回目のフランコルシャン24時間耐久レース、1925年にはヨーロッパグランプリが開催されました。そして1950年には第1回目のF1(Formula 1 : 世界選手権)ベルギーGPが行われています。

安全対策のため1979年に全面的な改修が施され、その後も数回調整があり、現在の全長は7キロになっています。

スパ・フランコルシャンサーキット場

スパ・ウェザー

ベルギー特有の変わりやすい天候は、レース関係者やファンの間でスパ・ウェザーと呼ばれています。

コースの一部で雨が降るかと思いきや、別のエリアでは路面が乾いていることもめずらしくありません。

ベルギーGPにおける各チームの取り組みは、雨の行く手を読む頭脳戦でもあります。

オー・ルージュ小林可夢偉

難関コーナー

参加車がつぎつぎと殺到する第1コーナーヘアピンカーブのラ・スルス、カーブしながら急勾配を時速300キロ近い超高速で駆け抜けるオー・ルージュ、コース中で最大のスピードに達するブランシモン、瞬時に120キロも減速しなくてはならないシケインなど、見どころの多いサーキット設計も魅力。

スパ・フランコルシャンは「世界でもっとも美しいサーキット」と称讚されています。

それは、コースが緑豊かなアルデンヌの森に位置するからでもありますが、スパ・ウェザーや数々の難関コーナーに挑むドライバーたちの名場面がここを舞台としてつぎつぎと生まれてきたからでもあるのでしょう。マシンの性能以上にドライバーの実力が問われるサーキットなのです。

いつも最後まで目が離せないレース展開となるベルギーGP。あなたもスパ・フランコルシャンならではの感動を体験してみませんか?

関連データ

スパ・フランコルシャン名称

スパ・フランコルシャンサーキット地図

Circuit de Spa-Francorchamps
55, route du Circuit
4970 FRANCORCHAMPS

主なイベント

F1、GP2、F3、ドイツツーリングカー選手権(DTM)、スパ・フランコルシャン1,000km、スパ24時間耐久レース

コースデータ

全長:7,004メートル[世界最長]
(富士スピードウェイの1.5倍)

カーブ数:21

F1ベルギーGP

走行距離:308.052 km

ラップ数:44

最速ラップタイム
1分45秒108 キミ・ライコネン マクラーレン・メルセデス 2004年

最速ラップタイム
(ポールポジション)
1分43秒726 ミヒャエル・シューマッハー フェラーリ 2004年

過去10回の結果

2015年
ルイス・ハミルトン(イギリス) メルセデス

2014年
ダニエル・リチャルド(オーストラリア) レッドブル・ルノー

2013年
セバスチャン・ベッテル(ドイツ) レッドブル・ルノー

2012年
ジェンソン・バトン(イギリス) マクラーレン・メルセデス

2011年
セバスチャン・ベッテル(ドイツ) レッドブル・ルノー

ルイス・ハミルトン
© nic_r
2010年
ルイス・ハミルトン(イギリス) マクラーレン・メルセデス

キミ・ライコネン
© Jane Belinda Smith
2009年
キミ・ライコネン(フィンランド) フェラーリ

2008年
ルイス・ハミルトン(イギリス) マクラーレン・メルセデス

2007年
キミ・ライコネン(フィンランド) フェラーリ

2005年
キミ・ライコネン(フィンランド) マクラーレン・メルセデス

3回以上優勝したドライバー

ミヒャエル・シューマッハー(独) 6回

アイルトン・セナ(ブラジル) 5回

ジム・クラーク(英) 4回

キミ・ライコネン(フィンランド) 4回

デイモン・ヒル(英) 3回

ファン・マニュエル・ファンジオ(アルゼンチン) 3回

ルイス・ハミルトン(英)3回

ベルギートラベルセンター

ベルギートラベルセンター

tel: 03-3230-1558

fax: 03-3230-1536

URL: www.beltra-center.net

beltracenterをフォローしましょう

twitter.com/beltracenter

e-mail: info@beltra-center.net

〒102-0083

東京都千代田区麹町2-7-3

半蔵門ウッドフィールド5F

地図

手配旅行約款

特定商取法に基づく表示

ベルギートラベルセンター
トップページ 業務案内 コース ホテル ガイド チョコレート リンク メール
Copyright © 2016 ベルギートラベルセンター Belgian Travel Center www.beltra-center.net All rights reserved.